婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

ダイヤの鑑定書ってどんなもの?

ダイヤモンドがあしらわれた指輪には、必ず鑑定書が付いてきますが、
鑑定書の意味について正しく理解している人は少ないようです。

 

そもそも、ダイヤモンドの鑑定書とは、どのようなものなのでしょうか。
簡単にいうと、4Cと呼ばれるダイヤモンド専用の評価基準を基に検査した結果が、
詳しく記載されているレポートの事を指しています。

 

つまり、鑑定書を見れば、ダイヤモンドの質や評価が分かるわけですね。
また、鑑定書には、評価の根拠まで記載されていることから、各鑑定機関が評価したポイントまでが、一目瞭然となっています。

 

ただし、この鑑定書に、ダイヤモンドの価格を評価する項目は一切ないんです。
ということは、価格は各お店の判断ということになっているのです。

 

ちなみに、鑑定書があるから安心というわけではありません。
鑑定書があっても、どの鑑定機関が鑑定したのかによって、世間からの評価が大きく変わってきます。

 

特に、店舗独自で鑑定している場合、評価が甘くなっていることがあるため、
実際にはあまり価値のないダイヤモンドだったというケースも存在するため注意が必要です。

 

一番のお勧めは、4Cの基準を作ったGIAですが、日本国内で有名なのは、中央宝石研究所です。

 

他にも、信頼できる鑑定機関はありますが、良く分からないということであれば、
上記の2つの機関で鑑定されたかどうかをチェックしておけば良いでしょう。

 

ここまでの解説を見ても分かる通り、結局のところ、ダイヤモンドの鑑定書とは、
ダイヤモンドの品質そのものが記載されている重要な書類であり、本物のダイヤには必ずついてくるものであるといえます。

 

つまり、適正な価格で販売されているのかどうかを判断したり、
本物のダイヤモンドを使用しているかということを判断する際に、とても役立つものなんですね。

 

また、万が一手放して売ることになった場合、必ず鑑定書が必要となります。
その際、有名な鑑定機関が高い評価を与えたダイヤモンドであれば、高く売れる可能性があるといえるでしょう。

スポンサードリンク