婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

ゴールドの結婚指輪(マリッジリング)ってあり?

日本では「結婚指輪=プラチナ」というイメージが強く、ゴールドリングを選ぶケースは少ないというのが実情です。
しかしながら、欧米ではイエローゴールドの結婚指輪が主流となっています。
このことから考えても、ゴールドの結婚指輪は当然「あり」だと言えるでしょう。
とはいえ、やはりゴールドの結婚指輪というと、イマイチどんなものか想像できないという方も多いはず。
そこで、このページではゴールドの結婚指輪の特徴などについてご紹介したいと思います。

 

ゴールドの結婚指輪 その特徴とは?

 

ゴールドは、プラチナと比較して色のバリエーションが豊かという特徴があります。
指輪としてよく使われるのは「イエロー、ホワイト、ピンク」といった種類のゴールドで、
プラチナと比べて価格が手ごろであるだけでなく、デザインに合わせて様々な使い方ができることもあり、
近年日本でも人気が高まってきています。
但し、プラチナよりも変質・変形しやすいという特性も持つため、取扱いに若干気を遣う必要があります。

 

ホワイトゴールドとは?

ホワイトゴールド
ホワイトゴールドは、ゴールドに「パラジウム」という金属を加えて色を白く加工し、
表面にロジウムをメッキして強度を高めたものを指します。
ホワイトゴールドの耐久性や強度は、パラジウムの比率によって左右されますが、
適切なメンテナンスを行うことで、長期間美しさを保つことができます。
パラジウムの比率が低いホワイトゴールドは、全体が黄色身を帯びることなどがあるので、
購入の際には比率を確認することをおすすめします。

 

ピンクゴールドとは?

ピンクゴールド
ピンクゴールドは、ゴールドに比較的多めの銅を配合したもので、赤みが強いのが特徴です。
最近は結婚指輪の素材として人気を高めていますが、
加工が難しく、メンテナンスやサイズ直しで制限される場合もあります。
ピンクゴールドの結婚指輪を選ぶ時には、アフターフォローがしっかりしたお店を選ぶ、
メンテナンスやサイズ直しが可能かどうか確認するなど、細かな部分に注意を払うようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク