婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

ティファニーのダイヤモンドは自社鑑定だけど品質は大丈夫?

 

ダイヤモンドの価値は4Cと呼ばれる

  • カット
  • カラー(色)
  • クラリティ(透明度)
  • カラット(重さ)

で決まります。
鑑定書というのは主にダイヤモンドの上記4Cのランクが書かれているもののことを言います。

 

ダイヤモンドの鑑定書を発行している機関は国内外に多数存在しますが
中でも関係機関の中で最も信頼できると言われているのはアメリカのGIA鑑定が一番有名で、
自社鑑定をしているお店も主にGIA鑑定を基準にして鑑定を行っているのが一般的なので
GIAの鑑定がいかに信頼性が高いかよくわかります。

 

その他にもベルギーのHRDも鑑定に関して公平で正確さが信頼できる機関と言われています。

 

上記のように販売店とは関係のない外部の機関が鑑定を行っているものは
中立な立場から公平に行われるために信頼性も高く安心して購入できますが、
中では自社内にて鑑定を行うお店も多数あり、ティファニーも自社鑑定を行っているお店の一つです。

 

自社鑑定は自社が独自で設けた基準で鑑定しているため、
外部鑑定に比べてそのランク付けの信頼性に不安が残ってしまうのも仕方のないことです。

 

ティファニーの自社鑑定では4Cの中の「カット」についてのランク表記がされていないものもあり、
カットグレードの基準も、GIA基準ではなく、ティファニー基準のものだと言われています。

 

勿論、だからといってティファニーのカットグレードが他社に比べて落ちるかと言えば違いますし
他社に鑑定を依頼してもカットグレードの中の最高基準「エクセレント」評価が出るものあります。
ティファニーはカットがきれいなものが多いという評価も多いですしね。

 

ティファニーはそもそも自社鑑定の中でも鑑定基準が厳しいと言われている会社ですし
万一基準に満たないダイヤモンドであることが発覚した場合は基準に達するダイヤモンドとの交換するなど、
信頼性の厚い対応をしてもらえます。

 

ちなみにティファニーでダイヤモンド鑑定書がつくのは一粒0.18ct以上のものから。

 

そもそもティファニーはブランド自体が付加価値をつけてくれるお店であり、
本来はそのブランド自体が商品を保証してくれるものなので、
自社鑑定といえど安心して買物ができる店であることに変わりはありません。

スポンサードリンク