婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

ダイヤのサイズによって変わる!婚約指輪の値段

 

婚約指輪のデザインの中でも根強い人気を誇るのは、やはりダイヤモンドが使用された指輪です。
一生に一度の大切な婚約指輪ですので、身に付けるときのシーンを考えつつも、
ダイヤモンドのサイズはちょっと大き目が良いですよね。

 

しかし、大きなダイヤモンドが使用された指輪は、非常に高額なイメージがあるため、
購入を躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回はダイヤのサイズによって変わってくる、婚約指輪の値段についてご紹介していきましょう。

 

まずは、婚約指輪におけるダイヤモンドのサイズについて、お話していきます。

 

ダイヤモンドの大きさを表す際、カラットという単位を使う人がいますが、
本当は大きさを表す単位ではないんですね。
ダイヤモンドの重さを表す単位なんです。

 

例えば、区切りの良い1カラットの場合、本来は0.2gという重さのことを指していることになります。
とはいえ、重さでいわれても、一般の人はよく分かりませんよね。

 

そのため、だんだんと、カラット=大きさといった具合で認識されるようになったといえます。
ちなみに、1カラットの場合、大きさは直径6.5mmです。
かなり大きいですから、お値段もそれ相応になります。

 

1カラットのダイヤモンド1カラットのダイヤモンド

 

ところで、ダイヤモンドをサイズで選ぶ際、気をつけておきたいポイントが1つあります。
それは、指輪のデザインによって、実際のカラット数よりも小さめに見えることがあるということです。

 

そのため、カラット数だけで判断せずに、指輪のデザインやダイヤモンドの輝き方を見ていくことが大切になってくるんですね。
また、カラット数が小さいダイヤモンドでも、ほどよい厚みがある場合、
独特の鋭い輝きを放ってくれるため、ダイヤモンドのサイズが大きく見えることがあります。

 

それから、ダイヤが使用された婚約指輪の値段についてですが、
これは婚約指輪の平均購入価格から辿っていくと、分かりやすいでしょう。
現在、多くの女性が身につけている婚約指輪は、大体20万円から30万円前後だといわれています。
カラット数でいうと、0.2カラットから0.3カラット程度のダイヤモンドが使用されています。
ただし、有名なブランドの婚約指輪となると、プラス10万円から15万円前後は高額になることを覚えておきましょう。

 

また、カラット数が上がれば上がるほど、お値段もそれ相応になります。
結婚指輪よりははめる機会の少ない婚約指輪ですが、
それでもやはり時々は日常生活で使用することもありますから、大きければ大きいほどいいというわけではありませんよね。

 

以上のことを参考にしつつ、お財布と相談して長く愛用することができる婚約指輪を選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク