婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

婚約指輪の人気のデザイン・素材は?

 

一口にエンゲージリングと言っても、形や素材、ダイヤの付き方など、デザインは本当に様々です。
ここでは、どのような種類のデザインがあるのか、おおまかに説明していきます。

 

アームの形

まずはアームの形から見ていきましょう。。アームとは、指にはめるリングの部分です。

ストレート

ストレートアームがまっすぐの一番シンプルなものです。
指輪のデザインとしても一番多く見られるものですね。
無駄のないシンプルなデザインは、どんなファッションにも合うのでオススメです。

V字

V字アームが手の甲へ向かってV字型になっているものです。
指にキレイに栄え、細く長く見えますので、人気を集めています。

ウェーブ(S字)

ウェーブ(S字)アームがくねっとS字型にウェーブし、石を包み込むようになっているデザインです。
特徴的ですが、立体的なデザインのためこちらも指を細く見せてくれますよ。

 

宝石のセッティング別

セッティングとは、アームに宝石をはめるということで、セッティングにも様々な種類があります。
順に見て行きましょう。

ソリティア

ストレートソリティアソリティアフランス語でソリテールと呼ばれるソリティアは、ダイヤやその他宝石が一粒のもの。
婚約指輪の中でもノーマルで、普遍的な人気を誇ります。
ソリティアには爪あり(立て爪)と爪なしの2種類があります。

 

爪あり(立て爪)とは、アームから伸びた数本のツメで一粒石を石座に乗せるセッティング方法です。
婚約指輪では、爪が6つ、もしくは4つが一般的で、6つ爪はかのティファニーが考案したものです。
立て爪のリングはダイアモンドが一番美しく輝くデザインであり、古くから愛され人気を集めています。

メレ付き(サイドストーン)

メレメレとは、小粒のダイヤモンドのことを言います。
婚約指輪で言うメレは、基本的にはセンターの一粒石のまわりに散らばせた小さなダイヤモンドのこと。
ソリティアよりも華やかで、デザインによって可愛かったり華やかなな雰囲気になりますから、人気を集めています。

パヴェ

パヴェパヴェとは、フランス語で石畳や敷石のことを言います。
石畳のように、アームの表面にたくさんのメレを隙間なく敷き詰めているデザインがパヴェになります。
ダイヤが煌めくシックでゴージャスなデザインで、こちらも古くから愛されています。

エタニティ

パヴェアームの全周に同じカットとサイズの石をぐるっとセッティングしたもので、最近非常に人気を集めています。
隙間なく、途切れることのない並べていることから、「永遠の愛」の象徴とされ、
ブライダルジュエリーの定番となっています。
石のセッティングが半周のもをハーフエタニティと呼び、普段使いしやすくこちらも非常に人気です。

 

アームの素材

婚約指輪や結婚指輪など、ブライダルリングのアームの素材は日本ではプラチナが定番です。
ついで人気なのはゴールドですが、ゴールドは色が様々あり、こだわりを持つ方が選びます。
また、欧米等ではプラチナよりもゴールドのほうが主流なようです。

プラチナ

プラチナプラチナはジュエリーに使われる素材の中で、強度も耐久性も高く、非常に優秀な素材であり、
その白い輝きはダイヤモンドの美しくを損なわないことから、婚約指輪の素材として一番人気を集めています。
耐久性に優れているので、日常使い出来る事から、結婚指輪でも一番人気の素材ですね。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドホワイトゴールドは金を主体とした合金で、こちらもダイヤモンドの輝きを損なわない素材として、人気です。
プラチナより耐久性は少し落ちますが、その分価格もお安く、欧米では婚約指輪の素材として一般的に使用されています。

イエローゴールド

イエローゴールド一般的ないわゆる金色のもの。存在感がありますし、ファッションを問わないカラーですから、
人とは違うものにしたい方、こだわりを持つ方に人気です。

ピンクゴールド

ピンクゴールド柔らかいベビーピンクの色が、日本人の指にしっくり馴染むピンクゴールドは、ブライダルリングだけでなく
カジュアルリングでも非常に人気を集める色です。
指馴染みが良いですから日常的に使用しやすく、可愛さも抜群です。

スポンサードリンク