婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

結納金・結納返しってなに?【金額・贈り物】

結納金や結納返しに関する考え方は、地域ごとの風習や家柄によって違います。
とはいえ、結納金は嫁ぐ際に必要となる支度金という意味合いが強く、
結納返しはそのお返しと考えていて間違いないでしょう。

 

結納金の金額についてですが、これは切の良い金額にすることが多く100万円程度が主流となっています。
100万円以上となる際は150万円であったり200万円となることもありますが、決まった金額があるわけではありません。

 

地域によっては結納金を用意しないこともありますが、男性側が金額を決めるということになっています。
そのため、無理をしない金額にすることがポイントとなってくるでしょう。

 

元々はお金ではなく着物などの現物を贈り物としていましたので、現金でなければだめということではないのですが、
関西地方ではそこそこの金額の結納金を用意しなければならないという風習が、現在も根強く残っています。

 

ちなみに、結納金を包む際は「小袖料」もしくは「御帯料」と表書きした金封を用意して、
その中に現金を入れるのがマナーです。
新札で渡すことになりますので、前もって銀行へ申し出ておいた方が良いでしょう。

 

尚、男性側が用意するのは結納金だけではなく、
結納式後に行われる祝い膳の費用も負担するという習わしがあります。
家内喜多留と松魚料として用意するか、もしくは酒肴料として用意することになりますが、
両家で折半するというケースも少なくありません。

 

元々結納式後の祝い膳で必要となる費用は女性側が用意するものですが、
現在は結納金の役1割程度の金額を酒肴料とし、女性側へ渡すのが主流となっています。

 

それから結納返しについてですが、こちらは結納のお礼という形で女性側がお返しをする儀式のことを指しています。
結納品よりも高額になることは避けなければならず、結納と同時に交換して済ませてしまうこともあるでしょう。

 

元々、結納返しの儀式がない地域もありますし、結納返しの形式自体がない地域もありますが、
「袴料」として結納金の1割程度を贈るのが主流です。

 

関東地域では結納金の半分を返すという風習があり、結納金を渡す際に
最初から結納返し分の金額を差し引いて渡すこともありましたが、負担が大きいため1割に落ち着いたといわれています。

 

また結納返しは現金ではなく、品物でも問題ありません。
今後の生活で使用することになる、スーツや時計などを贈っても問題ないでしょう。

 

スポンサードリンク