婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

結納って何?意味や由来、行うことを解説!

最近は結納を交わさずに、両家で食事だけをして簡単に終わらせるというパターンが増えてきました。
そのため、そもそも結納とはどのようなものなのか、良く分からないというカップルが増えてきているようです。

 

そこで今回は、結納について詳しく解説していくことにしましょう。

 

結納とは元々「ゆいのもの」と呼ばれており、
婚姻によって両家が結ばれるという祝宴の席で出された御馳走のことを表していました。

 

それが時代と共に変化し、贈り物をお互いに収め合うようになっていったのです。

 

挙式を挙げる3ヶ月から6ヶ月前に行うのが普通ですが、関東と関西ではスタイルが大きく違います。

 

また、その土地柄だけではなく家柄によっても結納の方法は大きく変わりますので、
どのような方法で結納を行うのかについては、両家で話し合った方が良いでしょう。

 

基本的には、大安吉日に行うのが良いとされていますが、
両家の都合を考えて日取りを決めるというスタイルが一般的になってきています。
尚、結納には正式結納と略式結納があり、どちらの形式で行うのかは両家の話合いで決められるといえるでしょう。

 

正式結納の場合は、仲人が結納品や結納金を両家に届けるという方法が取られ、全部で9品目用意されます。

 

一方、略式結納の場合は7品目か5品目となり仲人は出席しません。
最近は結納品や結納金を用意せずに、婚約指輪を渡すだけで済ませることもあるようです。

 

ちなみに、結納品や結納金の内容ですが、

  • 長熨斗(ながのし)
  • 目録、寿留女(するめ)
  • 勝男武士(かつおぶし)
  • 金包包、子生婦(こんぶ)
  • 友白髪(ともしらが)
  • 末広(すえひろ)
  • 家内喜多留(やなぎだる)

の9品目となっています。

 

略式の場合、7品目なら勝男節と家内喜多留を省き、5品目なら更に寿留女と子生婦を省くというのが主流です。
最近はネットで購入することも可能となり、費用に関しても2万円台くらいから用意することが可能です。

 

尚、結納の流れに関しては、地域や家柄によって変わってきますので一概に言い切ることはできません。
略式の場合は男性の父親が進行係となると抑えておけば良いでしょう。

スポンサードリンク