婚約指輪の価格相場は?
婚約指輪の選び方は?
購入前の流れ
購入後の流れ

ブランド別!婚約指輪人気リングデザインベスト3

ダイヤモンドの選び方(4Cとは)

 

女性なら一度は憧れる最高のジュエリー「ダイヤモンド」。
しかし、いざ指輪を選ぼうと思うと、ダイヤモンドについて意外と知らないことが多いはず。
正しい知識を身に付けて、店員さんに勧められるがままに購入…
なんてことは避けるようにしましょう。

 

まず、ダイヤモンドにはその品質を左右する「4C」という基準が設けられているのをご存知でしょうか?
この4つのCとは、「cut」 「clarity」 「color」 「carat」の頭文字を取ったものです。

 

cut

「cut」(カット)とは、ダイヤモンドの形状そのもの。
簡単に言えばどれだけカットが上手でキラキラしているか、という判断で5段階の評価が下されます。
一番上がエクセレント、続いてベリーグッド、グッド、フェア、プアとなります。
但し、上記の5段階評価は一番ポピュラーな”ラウンドブリリアント”というカットにだけ用いられるものです。

 

clarity

「clarity」(クラリティ)とは、ダイヤモンドの透明度。
11段階に分かれており、表面の傷やダイヤモンド中の内包物が無ければ無いほど高評価のダイヤモンドということになります。
ダイヤモンドは自然の産物、天然石なので、内包物が入っているんです。
やはり傷や内包物のない、透き通った綺麗なダイヤは価値があがっていきます。

 

color

「color」(カラー)とは、ダイヤモンドの色のこと。
ダイヤモンドって無色透明じゃないの?と思うかもしれませんが、ライトイエローやライトブラウン、
またグレーやライトブルー、ピンクなど、色がついたダイヤモンドも存在するんです。
基本的には透明に近ければ近いほど、価値があがっていきます。
ブライダルジュエリーとしては、その無垢な美しい透明のダイヤモンドが選ばれますよね。
ですが実は、ミディアムダークブルーやレッドなど、透明なものより価値が跳ね上がるカラーもあるんですよ。

 

carat

「carat」(カラット)とはダイヤモンドの重量。単位はct(カラット)で、1ctは0.2グラムです。
重くなればなるほどいわゆるゴージャスなダイヤモンドということになります。
ちなみに1カラットを境に値段が跳ね上がる場合もあるので、
よくお財布と相談しながらカラットを決めましょう。

 

 

以上の4Cを踏まえたうえで、
自分が最優先したいのは4Cのうち何なのかをあらかじめ決めておくとスムーズに指輪選びができます。
たとえば、輝き(cut)を最重要視するのであればカットの種類(ハートシェイプ・オーバルカットetc...)
調べてみてお気に入りを探しておけば便利です。

 

選ぶダイヤの形状や大きさ、色によって合うリングも変化するので初めにダイヤモンドを決めてしまうのも手ですね。

 

ダイヤモンドは質の差が値段に直結するものです。
すべてのCを最高ランクにしようと思えばいくらでも高くなってしまいます。
繰り返しになりますが、やはり4Cの優先順位をつけてからお店に行くことをお勧めします。

スポンサードリンク